オランダのフロリアードが今年の4月から開催中です。

オランダ国際園芸博覧会“フロリアード”は10年に1度開催される一大イベント。

園芸界のオリンピックという言われ方をしています。

オランダのアルメレ(アルメール)で4月から今年の10月初旬まで毎日開催されています。

アルメレにおいて、60ヘクタールに渡り「グリーンシティを育てる」というテーマでフロリアードが開催されます。

「GrowingGreenCities」というテーマの中で、400人を超える国内外の参加者、及びたくさんの国が、

最新のグリーン発明、ソリューション、およびアプリケーションを紹介しています。

日本も出展しているそうです。

最先端のソーラールーフタイルから素晴らしい垂直ファサードガーデンまで、

そしてトマトを育てる最良の方法から最新の剪定技術まで。フロリアードでそれをすべて見て、

味わって、体験することができます。(フロリアードのページから引用させていただきました)

博覧会の期間中競技会が行われていて、さっそく初回の結果が発表されたそうです。

球根花の最優秀賞に富山県のチューリップ「乙女のドレス」、そのほかの春の花部門では

長野県フラワースピリットさんのラナンキュラス「ワタボウシ」が最優秀賞に選ばれたそうです。

ラナンキュラス「ワタボウシ」は当店でも春に仕入れていた花だったので、やはり

日本のきれいな花のレベルは世界的に見てもトップクラスだなあと改めて思いました。

10年に一度の国際園芸博覧会なので、ぜひオランダまで足を運びたいところですが、

コロナ禍なので難しいかなあと残念です。

次回は10年後。

次回に訪ねるのはこっちの問題(歳を取りすぎる?)で行けないかもしれないのに・・・

2027年に国際園芸博覧会が横浜で開催されるそうですので、そちらを見に行きますかねぇ。

ではお届けアレンジメントのご紹介です。

 

 

ご注文は店頭、お電話(042-749-4888)、当店のネットショップから承ります。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめの過去ブログ