日本花き卸売市場協会が昨年から始めた「ローズの日」。

6月2日を「ローズの日」と定めて前後3日間を「ローズウイーク」として

バラの魅力を発信していきます。

ブルガリアでは毎年6月初めにバラ祭りが開催されます。

ブルガリアは香水の原料となるバラの一大生産地です。

世界各国に送られる香水の原料であるバラの精油やローズ水をつくるため5月終わりから

6月初めの約3週間が収穫の時期です。(一年分を3週間で収穫!)

一年のうちの短い収穫の期間ですが、収穫を喜び、互いをねぎらい、みんなでお祝いし、

暖かい平和な世の中を願いバラ祭りが開催されるそうです。(今一番大切な気持ちです・・・)

今年のブルガリア、カザンラクでのバラ祭りは6月3,4,5日に開催されるそう。

ダマスクローズは世界一香りが良いバラとして知られているそうで、この時期の3週間しか咲かないとか?!

観光客として訪問してもバラ祭りの見学、バラ摘み体験、バラのローズオイルの購入やら

楽しそうでぜひ一度は行ってみたいなあと思ってしまいます。

 

日本でも同時期にバラの見ごろを迎えることから6月2日を「ローズの日」として

感謝の気持ちをバラの花に託して伝えようという試みです。

 

最近少し前にバラ園(日本国内)を訪ねたという方の話を良く伺いますが、皆さんバラの美しさを

お話しされるときは嬉しそうです。

バラの魅力はたくさんの人を幸せにするなあと実感します。

 

 

6月2日は「6」と「2」でローズと読む語呂合わせからきているそうです。

当店でもバラはやっぱり人気です。

ぜひ美しいバラの季節、店舗にもいろいろと入荷しますので堪能して下さいね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめの過去ブログ